2022年10月4日号。<快挙と希望の裏で進む破滅への動き / 逃亡の旅 第95回 ~福島に逃げる その1~:花房観音>

2022年10月3日号。<豆腐にハマりそう / 波乱の品川区長選挙 / 岸田内閣は苦難の再出港 / ネットリテラシーを考える>

2022年10月2日号。<アントニオ猪木逝く。北朝鮮拉致問題を解決する意思を忘れない T-1/ 【「逃げるは恥だが役に立つ:徳川慶喜(よしのぶ)」(下)】 漆嶋稔>

2022年10月1日号。<中継と補助金と戦闘機と / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第一一二回「少し脱線~「天皇機関説」と「国体明徴運動」について・その5」:東良美季>

2022年9月30日号。<ロシアの四州併合と核のボタン、そして心配されるバイデン / 三耕探究(第105回)「皇位継承の歴史」:大塚耕平>

2022年9月29日号。<現場を歩いて見えてきたもの / 「国葬と統一、“茂木の陰謀”を疑ってみる」:倉山満>

※ご注意:docomo、nifty、BIGLOBEのアドレスに届かないケースが増えています。再送のご依頼をいただく場合、別のアドレスをご連絡ください。

「誠論酔藝」とは

365日、朝10時までにお送りするメールマガジン。発行人による時事ネタのコメントや、各界プロフェッショナルによるゲスト寄稿で構成されています。
2018年12月31日、『勝谷誠彦の××な日々。』が終了し、翌日新たに『勝谷誠彦たちの××な日々。』がスタートしました。
そして、2021年1月1日。勝谷誠彦の盟友たちを中心に、装いも新たに始まるのが『誠論酔藝』です。世の中の情報に流されず、右から左まで、ときに冷静に、ときに熱く語ります。
内容は、時事ネタから旅、サブカル、政治史、仏教そしてエッセイなど多岐に渡ります。
毎日あなたのもとに届くメッセージとして、お受取りください。
購読料は月額600円(+税)。月額カード払いや口座支払い(年額一括)に対応しています。

執筆陣

江田智昭

1976年福岡県生まれ。浄土真宗本願寺派僧侶。2017年8月より(公財)仏教伝道協会に勤務。

詳しくはこちら
花房観音(はなぶさかんのん)

映画会社、旅行会社、AV情報誌での執筆など様々な職を経て2010年、第一回団鬼六賞大賞を「花祀り」(幻冬舎文庫)にて受賞。

詳しくはこちら
倉山満

憲政史家、皇室史学者。香川県生まれ。中央大大学院文学研究科日本史学専攻博士後期課程単位取得退学。

詳しくはこちら
大塚耕平

参議院議員(現在4期目)
元日本銀行職員(在職18年)
1959年名古屋市生まれ

詳しくはこちら
若松尚利

1973年東京都生まれ、秋田市育ち。
デザイナー / 八王子経済新聞編集長

詳しくはこちら
東良美季

1958年生まれ、川崎市出身。編集者、アダルトビデオ監督、音楽PVディレクターを経て執筆業。

詳しくはこちら
T-1

T-1
勝谷誠彦マネージャー
(株)TASKO(タスコ)代表取締役

詳しくはこちら
漆嶋稔(うるしま みのる)

1956年宮崎県生まれ。神戸大学卒業。三井銀行(現三井住友銀行)入行。
北京、香港、広東、上海支店を最後に脱藩。

詳しくはこちら

発行人:高橋ヨロン

高橋”ヨロン”茂

ポリティカル・ストラテジスト

コラムニスト故勝谷誠彦の盟友として、『勝谷誠彦の××な日々。』を10年以上にわたり発行してきた。自らも執筆、講演を行い、『ザ選挙』運営時には『マスコミが伝えない ネット選挙の真相』(双葉社)を上梓するなど著作も多い。現在では電子楽器メーカー「ローランド」での開発プロデューサーの経験をもとに、動画の配信事業を展開している。株式会社世論社株式会社VoiceJapan代表取締役、武蔵大学非常勤講師

Profile Picture

MENU