1958年生まれ、川崎市出身。編集者、アダルトビデオ監督、音楽PVディレクターを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、『デリヘルドライバー』(駒草出版)他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
http://jogjob.exblog.jp/

2021年2月27日

2021年2月27日号。<休肝日と五輪と立民と嘘とリニアと / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第三〇回「森達也監督作品『FAKE』を巡る~作者とゴーストライターの関係について」:東良美季>New!!

2021年2月20日

2021年2月20日号。<聖火リレーとクラブ通いと鉄道と / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二九回「小路谷秀樹監督作品『虚空門GATE』~UFOと別世界を期待する人々」:東良美季>

2021年2月13日

2021年2月13日号。<配信と川淵さんとワクチンと黒い粉と / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二八回「ボブ・ディラン~ロックンロールの神様と出会うということ」:東良美季>

2021年2月6日

2021年2月6日号。<オリンピックとワイドショーとカダフィ大佐と / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二七回「サクセス・ストーリーという名の幻想」>

2021年1月30日

2021年1月30日号。<知事選とクラブハウスとつけ麺と / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二六回「誰がドナルド・トランプを支持するのか?」>

2021年1月23日

2021年1月23日号。<ダイナマイトと蓮舫さんと二階さんと納豆と / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二五回「ボブ・ディランとザ・ビートルズ~ドラッグと意識改革」:東良美季>

2021年1月16日

2021年1月16日号。<停電と全録機とコロナ報道と / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二四回「ホブ・ディラン~1966年5月の伝説」:東良美季>

2021年1月9日

2021年1月9日号。<緊急事態と屋台のおでんと / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二三回「ホブ・ディラン~ブーイングの嵐の中で」:東良美季>

2020年12月26日

2020年12月26日号。<映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二二回「すべてが繋がっている、そして明日へとまた繋がるということ」:東良美季>

2020年12月19日

2020年12月19日号。<実物大ガンダム動く / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二一回「愚か者の舟」:東良美季>

2020年12月12日

2020年12月12日号。<井戸知事退任表明で思う4年間 / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二〇回「十二月の悲しいほど美しい夜空を見上げて」:東良美季>

2020年12月5日

2020年12月5日号。<映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第十九回「甲本ヒロト~ロックンロールの魂」:東良美季>

2020年11月28日

2020年11月28日号。<勝谷誠彦三回忌 / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第十八回「佐野元春・その2~言語感覚としてのロックンロール」:東良美季>

2020年11月21日

2020年11月21日号。<松原みきが再ヒット? / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第十七回「佐野元春~日本語とヴィジュアルのロック」:東良美季>

2020年11月14日

2020年11月14日号。<アメリカ大統領選で全州の結果出揃う 本当は取り上げないほうが良いのですが / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第十六回「東京・新宿南口・西新宿」:東良美季>

2020年11月7日

2020年11月7日号。<トランプは「総合デパート」でバイデンは「口コミ営業」 / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第十五回「新しい音楽の始まり・その3」:東良美季>

2020年10月31日

2020年10月31日号。<映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第十四回「新しい音楽の始まり・その2」:東良美季>

2020年10月24日

2020年10月24日号。<大統領選最終直接対決 / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第十三回「新しい音楽の始まり」:東良美季>

2020年10月17日

2020年10月17日号。<映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第十二回「男女の違い、そして人の振るまいの基本は」:東良美季>

2020年10月10日

2020年10月10日号。<映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第十一回「幸福という名の恐怖」:東良美季>

2020年10月3日

2020年10月3日号。<トランプのコロナ陽性でも勝負は終わっていない / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第一〇回「ドラッグとは何だろう?」:東良美季>

2020年9月19日

2020年9月19日号。<映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第八回「僕たちから僕へ、私たちから私へ」:東良美季>

2020年9月12日

2020年9月12日号。<やっと映画がカップルで観られるようになる / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第七回「一九七八年の夏、東京に名画座がたくさんあった頃。」:東良美季>

2020年9月5日

2020年9月5日号。<ポモドーロ・テクニックと砂時計 / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第六回「夏フェスが中止になった夏が終わり、元祖・夏フェスのお話など」:東良美季>

2020年8月29日

2020年8月29日号。<安倍政権は終わらない / 総理映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第五回「深夜放送、聴いてましたか?」:東良美季>

2020年8月22日

2020年8月22日号。<人生を変えるほどの音楽の試み / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第四回「人生が変わった一曲、ありますか?」:東良美季>

2020年8月15日

2020年8月15日号。<映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第三回「心に残る戦争映画はありますか?」:東良美季>

2020年8月8日

2020年8月8日号。<無言館が放映される / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二回「あなたの人生を変えた映画、何ですか?」:東良美季>

2020年8月1日

2020年8月1日号。<李登輝氏死去で日本の立場を思う / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第一回「あなたのハジレコは何ですか?」:東良美季>

2020年7月25日

2020年7月25日号。<新しい花火大会 / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。~連載を終えて~「長いあとがき・その9」東良美季>

2020年7月18日

2020年7月18日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。~連載を終えて~「長いあとがき・その8」 東良美季>

2020年7月11日

2020年7月11日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。~連載を終えて~「長いあとがき・その7」:東良美季>

2020年7月4日

2020年7月4日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。~連載を終えて~「長いあとがき・その6」:東良美季>

2020年6月20日

2020年6月20日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。~連載を終えて~「長いあとがき・その4」:東良美季>

2020年6月13日

2020年6月13日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。~連載を終えて~「長いあとがき・その3」東良美季>

2020年6月6日

2020年6月6日号。<横田滋さんの思いを忘れるな / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。~連載を終えて~「長いあとがき・その2」:東良美季>

2020年5月30日

2020年5月30日号。<医療従事者に感謝を / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。~連載を終えて~「長いあとがき・その1」:東良美季>

2020年5月23日

2020年5月23日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 最終回「じゃあ最後に、雨上がりの夜空に」:東良美季>

2020年5月16日

2020年5月16日号。<#最初の晩餐 はどこにしましょうか / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第五七回「光ある限り」:東良美季>

2020年5月9日

2020年5月9日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第五六回「すべてはオールライト」:東良美季>

2020年5月2日

2020年5月2日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第五五回「ロックンロール・ショーの始まりだ」:東良美季>

2020年4月25日

2020年4月25日号。<今だから観たいオススメ映画 / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第五四回「縁は異なもの」:東良美季>

2020年4月18日

2020年4月18日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第五三回「ノイズだらけのラジオが鳴ってらあ」:東良美季>

2020年4月11日

2020年4月11日号。<映画人生を全うした大林宣彦監督 / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第五二回「夜の精」:東良美季>

2020年4月4日

2020年4月4日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第五一回「裸の王様」:東良美季>

2020年3月28日

2020年3月28日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第五〇回「スローバラード」:東良美季>

2020年3月21日

2020年3月21日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第四九回「朝」:東良美季>

2020年3月14日

2020年3月14日号。<新型コロナウイルス特措法可決 / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第四八回「坂道」:東良美季>

2020年3月7日

2020年3月7日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第四七回「オオサカ・ベイ・ブルース」:東良美季>

2020年2月29日

2020年2月29日号。<全国的に混乱が広がる政府のウイルス対策 / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第四六回「酒とエロ本の日々」:東良美季>

2020年2月22日

2020年2月22日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第四五回「永劫回帰の夜」:東良美季>

2020年2月15日

2020年2月15日号。<記者会見で口裏合わせ? / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第四四回「君が僕を知っている」:東良美季>

2020年2月8日

2020年2月8日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第四三回「夏への扉」:東良美季>

2020年2月1日

2020年2月1日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第四二回「今夜きめよう」:東良美季>

2020年1月25日

2020年1月25日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第四一回「運命のひとひねり」:東良美季>

2020年1月11日

2020年1月11日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第三九回「パーティの夜」:東良美季>

2020年1月4日

2020年1月4日号。<イランとアメリカの間に日本は入るのか / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第三八回「ミリテリー・トレイン」:東良美季>

2019年12月28日

2019年12月28日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第三七回「サマーツアー」:東良美季>

2019年12月21日

2019年12月21日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第三六回「誰もが心に見知らぬ夜明けを抱えてる」:東良美季>

2019年12月14日

2019年12月14日号。<初の空からの配信 / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第三五回「時代はサーカスの象にのって」>

2019年12月7日

2019年12月7日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第三四回「チャンスは今夜」:東良美季>

2019年11月30日

2019年11月30日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第三三回「ロックンロール・ナイト」:東良美季>

2019年11月23日

2019年11月23日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第三二回「トランジスタ・ラジオ」:東良美季>

2019年11月9日

2019年11月9日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第三〇回「第三の男」:東良美季>

2019年11月2日

その他 4 / 26,544 すべて印刷 新しいウィンドウで開く 2019年11月2日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第二九回「すべては終わりさ、ベイビー・ブルー」:東良美季>

2019年10月26日

2019年10月26日号。<秘書にクーデターを起こされるセンセイ / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第二八回「夜の犬」:東良美季>

2019年10月19日

2019年10月19日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第二七回「空飛ぶ円盤が浮かんだ午後」:東良美季>

2019年10月12日

2019年10月12日号。<超大型台風19号接近中 / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第二六回「汚れた街の真ん中で」:東良美季>

2019年10月5日

2019年10月5日号。<臨時国会開会 / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第二五回「アイズ・オブ・ザ・ワールド」:東良美季>

2019年9月28日

2019年9月28日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第二四回「歌舞伎町で、夜だった」:東良美季>

2019年9月21日

2019年9月21日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第二三回「よォーこそ!」:東良美季>

2019年9月14日

2019年9月14日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第二二回「all my hope is gone」:東良美季>

2019年9月7日

2019年9月7日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第二一回「低く飛んでゆく」:東良美季>

2019年8月31日

2019年8月31日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第二〇回「歌舞伎町の予感」:東良美季>

2019年8月24日

2019年8月24日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第十九回「スウィート・メモリーズ」:東良美季>

2019年8月17日

2019年8月17日号。<短編小説「予知夢」:東良美季>

2019年8月10日

2019年8月10日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第十八回「ホテルまで四五分」:東良美季>

2019年7月27日

2019年7月27日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第十六回:東良美季>

2019年7月20日

2019年7月20日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第十五回「砂漠をラクダで旅した男の話」:東良美季>

2019年7月13日

2019年7月13日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第十四回「東京ラッシュ」:東良美季>

2019年7月6日

2019年7月6日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第十三回「ウェディング・ベル・ブルース」:東良美季>

2019年6月29日

2019年6月29日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第十二回「ダンスしないか?」:東良美季>

2019年6月22日

2019年6月22日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第十一回「家路」:東良美季>

2019年6月15日

2019年6月15日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第十回「コックサッカーブルース」:東良美季>

2019年6月1日

2019年6月1日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第八回「八月の匂い」;東良美季>

2019年5月25日

2019年5月25日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第七回「午前中の時間割り」:東良美季>

2019年5月18日

2019年5月18日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第六回「人生の壁」:東良美季>

2019年5月11日

2019年5月11日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第五回「男は女が必要」:東良美季>

2019年5月4日

2019年5月4日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第四回「裏通りに身を隠し」:東良美季>

2019年4月27日

2019年4月27日号。<一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第三回「人生に背を向けて」:東良美季>

2019年4月20日

2019年4月20日号。<第二回「サムデイ・ネヴァー・カムズ」:東良美季>

2019年4月13日

2019年4月13日号。<第一回「サムデイ・ネヴァー・カムズ」:東良美季>

2019年4月6日

2019年4月6日号。<新連載のための、長過ぎた助走の終わり・その14:東良美季>

2019年3月30日

2019年3月30日号。<新連載のための、まったくもって長過ぎる助走・その13:東良美季>

2019年3月23日

2019年3月23日号。<新連載のための、いささかどころじゃなく長過ぎる助走・その12:東良美季>

2019年3月16日

2019年3月16日号。<新連載のための、いささか長過ぎる助走・その11:東良美季>

2019年3月9日

2019年3月9日号。<新連載のための、いささか長過ぎる助走・その10 「柿生おでん事件の真相」:東良美季>

2019年3月2日

2019年3月2日号。<新連載のための、少々どころじゃない長い長い助走・その9:東良美季>

2019年2月23日

2019年2月23日号。<新連載のための長い長い、少々長過ぎる助走・その8:東良美季>

2019年2月16日

2019年2月16日号。<新連載のための長い助走・その7:東良美季>