第7回:日本酒は、歴史を知り、造り手の思いを知り、そしてじっくり味わう

鯉川酒造(山形県)の話題から始まった第7回『新・血気酒会』。甘くてベタベタだった日本酒が、透明でクリアな味わいになり、どっしりと芳醇な「米」の味を引き出すまでを、依田浩毅さんの解説で振り返る。 勝谷誠彦的飲み方とは、酒の歴史を知り、造り手の思いを知り、じっくりと味わうこと。 T-1君が留守のため、準レギュラーの依田浩毅さん(依田酒店)とヨロンで行うことになり、最初にヨロンが参院選を振り返っていったところ、なんと1時間が経過。その後、依田さんが酒の話を始めたものの、中身が濃すぎてなかなか進まず、さらに1時間近くが過ぎていった。 ポッドキャスト版は、最初の選挙解説の部分を全部省いて、酒の話に特化。少しだけ聴きやすくなっています。 MC:ヨロン ゲスト:依田浩毅(依田酒店) 時間:42分 ファイルサイズ:40.1MB

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン