2020年4月17日号。<高野登塾始動 / 前代未聞の予算組換え 10万円はどうなるのか / 非常事態宣言が全国に>

<高野登塾始動 / 前代未聞の予算組換え 10万円はどうなるのか / 非常事態宣言が全国に>

 おはようございます。ヨロンです。

 昨日の血気酒会は、隣にT-1君がいませんでした。理由は、少しでもお互いに感染のリスクを下げたいということと、今朝私が咳き込むことがあったので、もしものことを考えたからで、完全オンラインとしました。

 以前から花粉症の時期に朝咳が出ることはあり、今は特に敏感になっているので、どうしてもコロナと結びつけてしまいます。そうなると、熱が出るのではないかとか、味覚は大丈夫かとか、いろいろ心配になってきます。
 今の体温は、平熱の35.5度~36度くらいですし、食べ物はいつも美味しく、倦怠感というよりは寝不足による眠気があるくらいです。
 それでも気にし始めるといろいろと気になりますね。それだけで具合悪くなりそう。

 血気酒会では、YouTubeはZoomの画面をそのまま出すつもりでしたが、設定をしたものの開始の仕方がわからず、結局Facebookと同じように、配信をしているようすを流すだけとなってしまいました。
 Zoomから聞こえる音声バランスも課題として残ったので次回は改善します。

 やはりひとりで話すのは慣れていないので、とてもやり難いものとなりました。しかも2時間もやったので、終わった時はどっと疲れが出た上に、急に静かになり寂しくなってしまった。T-1君の存在は意外と重要なんですね。


■高野登塾始動

 今度の日曜日から高野登さんのオンライン塾を始めます。
 『高野登 想像力みがき塾』
https://imagination2020.jp/

 高野さんは、リッツ・カールトンホテルの日本支社長として、日本のリッツ・カールトンホテルの立ち上げを行ってきました。『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』は30万部を超えるロングセラーとなり、ホテル業だけでなくホスピタリティのバイブルとして、幅広い業界で読まれています。
https://amzn.to/2zaSspD

 高野さんが、長野市長選挙に出るためにリッツカールトンホテルを辞めるきっかけを作ってしまったのは、長野の平安堂書店会長の故平野稔さんと私で、勝谷さんもそこに乗ってきたので共犯と言えます。結果は651票差で敗れてしまったのですが、その後全国から講演や人材育成教育などで頻繁に呼ばれることとなり、今でも日々全国を飛び回っています。
 そんな高野さんが、人生100年時代をどう生きていくかということをテーマにした『人生100年塾』を作り、全国14箇所に広がったのですが、昨年全てを閉じました。それは、高野さん自身が「インプットが足りない」と思い、もっと本を読み、経験を積み、会いたい人に会おうと思ったからです。現在66歳ですが、2年間という時間を決めて塾を離れました。

 ところが、全国の塾生は2年間も我慢できません。個別に講演依頼が来るのですが、一箇所で開催すると、「次はこちらにも来て欲しい」ということになりキリがない。
 全部断らなければならないか、と考えていたときにたまたま私とランチすることになり、事務所の撮影・配信機材を見て「オンラインでやったらどうだろう」と思い立ったのでした。
 そしてほぼ同時にコロナ禍が始まり、オンライン化の波がやってきました。私としては、ここでのんびり進めていたら、おそらく半年先になり、そうなると企画自体が無くなってしまうと感じ、すぐに企画を提案してスタートさせました。
 ちょうどZoomのブームもやってきて、他にも高野さんの講義をZoomで行おうと考えた人は出てきました。しかし全て単発ものであり、長期に渡ってオンライン塾の形式にしようと考えたのは私だけだったので、今回独自の試みとしてスタートさせることができました。
 どの程度続けられるのか。そもそも人が集まるのか。いきなり始めるので不安も大きいのですが、高野登に惚れた仲間とも言える平野稔会長も勝谷誠彦もいなくなった今、こうして始められるというのは、平野さんや勝谷さんとも一緒に始められるような気がしています。まずはそれだけで嬉しいのです。

 初の講義は第0回として、今度の日曜日朝7時30分から配信します。1時間前には準備を始めたいのですが、そもそもそんなに早く起きられるのだろうか…おそらく会社に前泊することになるでしょう。遠足に行く前のような感覚です。お時間が取れる方は、ぜひご参加ください。上記公式サイトに案内があります。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン