2020年9月23日号。<山口達也さん再び。勝谷はなんと言うか / 史上最低の野党第一党党首は誰か? 第6話 重光葵:倉山満>

<山口達也さん再び。勝谷はなんと言うか / 史上最低の野党第一党党首は誰か? 第6話 重光葵:倉山満>


 おはようございます。ヨロンです。
 台風12号が関東に接近し、昨年の悪夢が蘇ります。迎え撃つ準備は万全に。

 元TOKIO山口達也さんの酒気帯び運転事故は、酩酊状態であったこともわかり、依存症の怖さを再度突きつけられました。
<元TOKIOの山口達也容疑者を逮捕 酒気帯び運転の疑い>
https://news.yahoo.co.jp/articles/feb218e7ae197ec21c1a151310fdbde9f88ed137

 山口さんで思い出すのは、2018年4月27日号の勝谷さんの記述。
<2018年4月27日号。<山口達也さんは典型的な依存症。医師ならだれでもわかるはず。けれども、大人の都合なのかな>。>
https://seironsuigei.jp/2018/04/27/5559/
<芸能記者たちはそうだし、まあ、本質からいってそれはありかなと思うのは、医者もコメンテイターとして呼ばれていた。けれども、この「事件」について、日本国でもっともリアルなコメントができるのは私であろう。なぜなら、私は「アルコール依存症」であったからだ。早く言えばアル中。>
<肝機能障害もあったかも知れないが、明らかにアルコール中毒の「断酒」のための入院だと私は考える。アル中について、大マスコミはよくわかっていない。「酔って暴れる」などというのは酒乱の段階だ。そこから先は、あらゆる方法でアルコールを摂取しようとする。たとえは、酒を絶たせようと、山口達也さんのように周囲が入院させると、なんとか酒を手に入れようとする。病院の売店などには手がまわっていて「ダメですよ」と言われる。>

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン