2020年10月2日号。<三耕探究(第3回)「リンゴと笛」:大塚耕平>

<三耕探究(第3回)「リンゴと笛」:大塚耕平>


 おはようございます。ヨロンです。

 現在朝の9時。システムトラブルで止まっていた東証の売買が再開されます。
<東証システム障害明け、動向注視 (先読み株式相場)>
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL02HC5_S0A001C2000000/
<2日の東京株式市場で日経平均株価は上昇か。前日の終値(9月30日終値を10月1日終値と認定)である2万3185円12銭と比べて120円ほど高い2万3300円近辺まで上げそうだ。9月30日と10月1日に米国株が上昇しており、日本株を押し上げるだろう。ただ、日本時間夜に9月の米雇用統計の発表を控え、次第に様子見ムードが広がる公算が大きい。>

 市場的にも大きなトラブルが無く済んで欲しいと、関係者は固唾を呑んで見守っていることでしょう。

 2006年に私が契約していたサーバーが、中国からのハッキング(正確にはクラッキング)を受けてデータが見えなくなりました。そのときはハードディスクをローランドの元同僚に送り、直接ハードディスクの中身を見てデータを復旧させました。
 2012年、ファーストサーバ社が特定のサーバだけに行った脆弱性対策の更新プログラムが、バグによってすべてのサーバのデータを消失させるという前代未聞の事態となり、データは復旧できずに多くの企業に多大な損失を与えてしまいました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン