2021年2月10日号。<小早川隆景はクズ(前編):倉山満>

<小早川隆景はクズ(前編):倉山満>

 おはようございます。ヨロンです。

 昨日は、大学の学生85人分の成績をつけるという難作業を行っていました。いつもは5人~8人ほどしかいない私の講義に、今年は80人以上が登録したということは以前もお伝えしましたが、最終的に85人の成績をつけることに。
 しかも、最終的に出席は見ずに企画書と動画制作を課題として出したので、その確認で膨大な手間が発生したのは、自業自得と見るべきか。

 まず、企画書が必要最低限のレベルを満たしていたら一番低い成績評価のC。企画書の内容が現実に即した十分なものであれば、Bに格上げ。
 動画作品を提出したらA。ナレーション、画面構図、構成、テロップ、BGMなど、複数の技を組み込んでいたら最上のSと、機械的にこなしていかれそうなものですが、大学側で決めたおおよその配分率に合わせる必要があります。そして、あとからクレームが来てもいいように、SとA、BとCの区別を公正な基準で判断するのに時間がかかり、1時間で終える予定が3時間かかってしまいました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン